脇の下がくさい「わきが」につ

脇の下がくさい「わきが」につ

脇の下がくさい「わきが」につ

脇の下がくさい「わきが」については良く知られていますが、スソワキガはそれほど知られていません。
すそわきがはアソコの臭いで、正式名称は外陰部臭症といわれます。
どの部位でもワキガは病気ではなく、優性遺伝で起こる体質的なものです。
男女差があり女性に多く、SEXや生理の時にスソワキガの臭いがキツくなるようです。
臭いを気にして恋人をつくることに消極的になる人もいます。
ワキガ臭を止めるためには、もう手術しかないだろうと思う人も多いようですが、自分でも治すことは可能です。
制汗剤やデオドラント剤にも良いものがたくさん出回っていますし、サプリメントや食事内容でも改善できます。
基本的な対策はムダ毛を生やしたままにしないことと、せっけんでキレイに洗うことです。
以上を組み合わせることで、今よりももっと積極的に生まれ変われるでしょう。
アポクリン腺がある場所は、限定された部位で、脇の下や陰部、乳輪や肛門、外耳道などです。
人は皆アポクリン汗腺があり、粟粒状に皮膚の裏に並んでいます。
ワキガで困っている人はアポクリン腺が多数存在し、人と比べて一個一個の粒が大きめです。
粒の数は生まれたときに決定していて、粒の大きさが大きくなるのは男女ともに思春期頃で、老人になってくると小さくなっていきます。
本来、フェロモンとしての役割を果たしていたのが、ここから出る臭いだったのです。
足のニオイの要因は主に、足裏で雑菌が繁殖したことによって起こります。
靴などを履くと湿度も温度も上がるので、雑菌が繁殖しやすいのです。

足の裏にはエクリン腺という汗腺が集中していて、掌同様緊張や不安などで発汗します。
靴などのムレを防止し、制汗剤やデオドラント剤を使用すると良いでしょう。
デリケートゾーンの臭いに関しては、女の子の悩みの種ですね。
月経中などのときは、誰でもちょっとは臭って当然ですが、ニオイは疾患のサインであることも考えられますので、普段と異なるときには気をつけましょう。
雑菌とアポクリン腺から出る汗によって臭いが発生します。
デリケートゾーンは高温多湿で、細菌の繁殖にとって格好の環境なのです。
陰部を清潔にすることが一番の対策となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ